腹筋ローラー

腹筋ローラー-Recommended Goods-

今Amazonで売れている人気の「腹筋ローラー」はこの10個です。

Soomloom アブホイール エクササイズウィル スリムトレーナー 超静音 腹筋ローラー エクササイズローラー 膝を保護するマット付き

¥ 1,170

ステンレス鋼パイプと高品質の発泡スポンジハンドルが滑り止め、耐久性高く、振動低減、グリップがより快適です。サービスとして送るマットが君の膝を保護することができます。もちろん、君の腹部だけでなく、運動の姿勢を変更して、胸、足、背中及び腕の力も訓練できます。男女問わず使用できます。

Soomloom アブホイール エクササイズウィル スリムトレーナー 超静音ペアリングデザイン 腹筋ローラー エクササイズローラー 膝を保護するマット付き

¥ 1,170

ステンレス鋼パイプと高品質の発泡スポンジハンドルが滑り止め、耐久性高く、振動低減、グリップがより快適です。
サービスとして送るマットが君の膝を保護することができます。
もちろん、君の腹部だけでなく、運動の姿勢を変更して、胸、足、背中及び腕の力も訓練できます。
男女問わず使用できます。

Readaeer® 腹筋ローラー アブホイール エクササイズローラー エクササイズウィル スリムトレーナー マット付き

¥ 1,050

ステンレス鋼パイプと高品質の発泡スポンジハンドルが滑り止め、耐久性高く、振動低減、グリップがより快適です。

サービスとして送るマットが君の膝を保護することができます。もちろん、君の腹部だけでなく、運動の姿勢を変更して、胸、足、背中及び腕の力も訓練できます。

男女問わず使用できます。

WinLine(ウェイラン)腹筋ローラー エクササイズローラー 超静音 アブホイール エクササイズウィル スリムトレーナー

¥ 1,399

二重ホイールだから、ぐらつきません!エクササイズやトレーニングに安定性をもたらします。ハンドル部分には、握りやすいラバーグリップで滑りにくい!

基本の使用方法
膝を床につけてグリップをしっかり持ち、そのまま体を前方向に倒してエクササイズウィルを押し出す。腕が伸びきったところでエクササイズウィルを引いて最初の位置まで戻る。これを数セット繰り返す。
※手首が反った状態や腰が反った状態でトレーニングを行うと、腰に負担がかかり腰を痛める原因になるので、注意してトレーニングを行ってください。

♪本製品を握りしめ、「へ」の字から「|ー」の様に、背中を伸ばし切り固定するほど腹筋力も背筋力もありません。
なので、まずは「へ」の字の状態で固定、もしくは本機を使わずに「腕立て」「腹筋」で基礎筋力を鍛えます。 その後に本機を使うことで、徐々に角度を付けて、前のめりな状態に近づけていくことが出来ます。(サクサクとは出来るはずもないですがw)
ちなみに、膝小僧を付いた状態で本機を握りしめ、拝むようにして車輪を前の方に転がしてあげると、背筋がものすごくのびます。
肩の凝りからも解放される感じがあり、閉じていた筋肉が開いて血行が良くなった実感もあり。
整体的な効果が個人的には得られ、目的とは違う収穫にかなり満足をしております。
肩や背筋や腰の凝りがひどい方、高額なカイロなどに行く前に、本機をまず試してみると、いろいろお得に済ませられるかもしれません。

MAXKARE(ESDDI) 腹筋ローラー エクササイズ アブローラー 腹筋 ブレーキ&マット付き 3つのローラー

¥ 1,699

最新デザインの腹筋ローラーは3つのローラーが付き、三角の構造でデサインされて、より安定して、使用する時の滑りと転びが防げます。
腹部だけでなく、運動の姿勢を変更して、胸、足、背中及び腕の力も訓練できます。
三輪はステンレス鋼パイプと高品質の発泡スポンジハンドルが滑り止め、耐久性高く、振動低減、グリップがより快適です。
超消音のEVA素材を採用し、耐摩耗性があります。
男女問わず使用できます。
時間も場所も選ばずに手軽にエクササイズができ、コンパクトな本体は収納もスムーズです。

仕様
材質:PVC、EVA、スチール、発泡スポンジ
使用体重制限:500kg
サイズ : 32×16X12CM
質量(g):1029

パッケージ内容
1 * 腹筋ローラー
1 * ブレーキの板
1 * 膝マット

使用方法
1、膝をついた状態でグリップを握ります。
2、そのまま体を前方に倒してスリムトレーナーを押し出し、腕を伸ばし体が伸びきったところでスリムトレーナーを引いて最初の位置まで戻ります。
3、 これを数セット繰り返します。

ご注意
1、EVA材質のローラーは密封することにより少し臭われますが、健康に影響がないから安心してください。
2、ブレーキを使用している時に前に押すとブレーキの緩みをきたしますので、前に押さないでください。ただ小さい力で下に押してだけで止められます。
3、ご使用になるときは、特に体力や体調を考慮し、しっかりと準備運動を行い、無理のない姿勢でご使用ください。
4、手首が反った状態や腰が反った状態でトレーニングを行うと、腰に負担がかかり腰を痛める原因になるので、注意してトレーニングを行ってください。

過去のユーザー投稿はこちら

コレクト最新投稿-Colleqto Latest Post-

[ GuitarColleqto ] [ HobbyColleqto ] [ 育児これくと ] [ 家電コレクト ] [ CarColleqto ] [ BikeColleqto ] [ BicycleColleqto ] [ ペットコレクト ]

©colleqto.com