腹筋ローラー

腹筋ローラー-Recommended Goods-

今Amazonで売れている人気の「腹筋ローラー」はこの10個です。

Soomloom アブホイール エクササイズウィル スリムトレーナー 超静音 腹筋ローラー エクササイズローラー 膝を保護するマット付き

・ステンレス鋼パイプと高品質の発泡スポンジハンドルが滑り止め、耐久性高く、振動低減、グリップがより快適です。 ・サービスとして送るマットが君の膝を保護することができます。 ・もちろん、君の腹部だけでなく、運動の姿勢を変更して、胸、足、背中及び腕の力も訓練できます。

Soomloom アブホイール エクササイズウィル スリムトレーナー 超静音ペアリングデザイン 腹筋ローラー エクササイズローラー 膝を保護するマット付き

ステンレス鋼パイプと高品質の発泡スポンジハンドルは滑りにくく、高い耐久性、低振動で快適に使用できます。付属のマットで膝を保護することができます。腹部だけでなく、運動時の姿勢を変更して、胸、足、背中及び腕の力も鍛えることができます。男女問わず使用できます。

RooLee アブホイール 腹筋ローラー エクササイズウィル エクササイズローラー スリムトレーナー 静音 取り付け簡単 膝を保護するマット付き

材質ハンドル:PP(ポリプロピレン)+鋼パイプ。タイヤ:PP(ポリプロピレン)。ハブ:PP(ポリプロピレン)

筋肉強化腹筋ローラーを使ったトレーニングでは、腹直筋、外腹斜筋、内腹斜筋といった腹筋を鍛えることができます。

■間違った使用法では、繰り返し使っても腹筋を鍛えるには効果がありません。腹筋にしっかり効かせるためにも、腹筋ローラーは正しく使ってトレーニングしましょう。

腹筋ローラーの使い方筋肉の弱い人/初心者向けの「膝コロ」1.膝を着いて四つん這いの状態で腹筋ローラーを床にセットします。

2.両手で腹筋ローラーを持って腹直筋を意識しながら、ゆっくりと前方に転がしていきます。

3.転がす距離が伸びるほどに、腹筋への刺激が強くなります。

4.腹筋の力で引きつけるように、元に戻していきます。

<初心者のトレーニング回数の目安>・1セットの回数は女性で3〜5回、男性は6〜10回。

・1セットだけでは運動量が少ないため、目標は3セット。3セットが難しい場合は2セット行いましょう。

中級者向けの「立ちコロ」(立ちコロとは、立った状態から腹筋ローラーを転がしていくトレーニング種目です。)1.腹筋ローラーを立ったまま持ち、前屈のような姿勢になり、足を伸ばしたまま腹筋ローラーを地面に着けます。

2.前に腹筋ローラーを押して出していきゆっくりと前方に転がして、体を伸ばしていきます。

3.遠くまで転がすほど、難易度が増していきます。

4.腹直筋で引きつけるように、ゆっくりと戻していきます。

注意:※腹筋ローラーを使用する際は、絶対に「腰を落とさない」ことを心がけてください。腰を落とすような姿勢になってしまうと、すぐに怪我をしてしまいます。

※筋肉トレーニングは、毎日続けるより一定の休息期間をおいた方が、筋肉の増大効果が上がります。

※腹筋ローラーは腰や肩にも大きな負担がかかります。普段の生活の中で腰や肩に痛みを感じている方、違和感がある方は使用を避けましょう。

Soomloom アブホイール エクササイズウィル スリムトレーナー 超静音 腹筋ローラー エクササイズローラー 膝を保護するマット付き

ステンレス鋼パイプと高品質の発泡スポンジハンドルが滑り止め、耐久性高く、振動低減、グリップがより快適です。サービスとして送るマットが君の膝を保護することができます。もちろん、君の腹部だけでなく、運動の姿勢を変更して、胸、足、背中及び腕の力も訓練できます。男女問わず使用できます。

Reodoeer 腹筋ローラー アブホイール エクササイズローラー エクササイズウィル スリムトレーナー マット付き

ステンレス鋼パイプと高品質の発泡スポンジハンドルが滑り止め、耐久性高く、振動低減、グリップがより快適です。

サービスとして送るマットが君の膝を保護することができます。もちろん、君の腹部だけでなく、運動の姿勢を変更して、胸、足、背中及び腕の力も訓練できます。

男女問わず使用できます。

過去のユーザー投稿はこちら

コレクト最新投稿-Colleqto Latest Post-

[ GuitarColleqto ] [ HobbyColleqto ] [ 育児これくと ] [ 家電コレクト ] [ CarColleqto ] [ BikeColleqto ] [ BicycleColleqto ] [ ペットコレクト ]

©colleqto.com

「Amazon.co.jpアソシエイト」または「mens.colleqto.com」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。